調整区域で営業 認可求める声が高まる

物流Weeklyで、運送事業者の調整区域での営業所設立を認めてほしいとの生の声が紹介されています。 不要な開発を抑える条件を設けるなどして、運送事業者の調整区域での営業所設立を認めてほしい。行政は時代にあった対応を行うべきだ」と訴えているのが現状です。 調整区域は一部路線業者を除き営業所として正式に認められていない。 苦肉の策として、移動可能なトレーラハウスでの営業所認可を受けるケースも出てきたが、地域に温度差もあるのが実情だ。 これまでも調整区域での営業所認可を求める声が業界であがっていたが、 コンプライアンスの徹底が一層求められるようになった今その声はさらに強くなってきている。 「トラックはどうしても地域住民から煙たがれる。肩身の狭い思いをしながら営業している事業者は多いはず」と指摘。「都市部で土地を探すのも難しい。 住民からの苦情も少ない調整区域への進出が事業者の一番の得策。不要な開発を抑える条件を設けるなどして、運送事業者の調整区域での営業所設立を認めてほしい。行政は時代にあった対応を行うべきだ」と訴えている。
■物流Weekly
 http://www.weekly-net.co.jp/logistics/post-7339.php

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ